光典社(こうてんしゃ)/西宮・芦屋でお葬式・葬儀なら光典社へ。式場探し・寝台搬送・遺品整理・直送・家族葬なども行なっております。

光典社(こうてんしゃ)/西宮・芦屋でお葬式・葬儀なら光典社へ。式場探し・寝台搬送・遺品整理・直送・家族葬・満池谷斎場・楠会館・家族葬専用式場・ペット葬なども行なっております。
ご葬儀プラン
よくあるご質問
お問い合わせフォーム
光典社へのご連絡は・・・クリックいただければ「会社概要」ページへ移動します。

葬儀のマナー

葬儀やお葬式のお知らせはいつも突然です。お香典のマナーやお焼香の作法をはじめ、葬儀の一般常識を事前に知って、もしもの時にあわてないようにしましょう。

服装のマナー

取り急ぎの弔問に駆けつける場合は、先方も用意が整っていない場合が多く、平服のままでも問題はないようですが、なるべく地味な服装が望ましいでしょう。男性の場合は、ネクタイと靴下を黒に換えても良いでしょう。

お通夜や、葬儀・告別式に参列の際、一般の会葬者の服装は通常、礼服ですが、特に親しい間柄でない場合は、黒めの平服でもかまいません。男性はダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴。女性は、黒もしくは地味な色のスーツ、もしくはワンピース、それに黒の靴が望ましいでしょう。男女、和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けます。

香典の表書きについて

●仏式の場合・・・
「御霊前」が一般的。「御香典」「御香料」と書く場合もあります。四十九日後の法要は、「御仏前」とします。(地域により異なる)

●神式の場合・・・
「御玉串料」「御神前」「御榊料」と書く場合もあります。

●キリスト教の場合・・・
「御花料」や「献花料」と書きます。

香典の供え方

ご霊前に供える時は、表書きが自分から読める向きにして供えます。受付で係員に渡す時は、係りの人が読める向きにして渡します。また、喪家が香典を辞退している場合は、無理に渡すことは控えましょう。

お焼香のマナー

1、遺族に一礼して焼香台の前に進みます。
2、ご遺影、またはご本尊を仰ぎ、頭を下げて黙礼します。
3、右手で香をつまみます。
4、額のところまで押しいただきます。(浄土真宗では押しいただきません)
5、香炉に静にくべます。(これを宗派で決められた回数行います。)
6、合掌礼拝し、最後に遺族に一礼してすみやかに退きます。
※お焼香の仕方は宗派によって違いますので、正確にはご導師にお尋ねください。

数珠について

お仏壇に向って礼拝するときや、お葬式、法事、墓参りの際に手にするのが数珠です。珠数と書いたり、念数とも呼びます。本来は、念仏を唱える際に、何回念仏を唱えたのかを数えるために、用いられるものです。

数珠の珠の数は、108個が基本となります。それは、私たちの心が、108にも動き、変わり、乱れると言うことを表しており、これを「108の煩悩」と言います。

しかし、昨今私たちが手にしている数珠は、使いやすいように、半分の54、そのまた半分の27、108にちなんだ18など、様々な形式があります。

数珠は、宗派ごとにその形が異なりますが、一般的には各宗派共用の一連タイプを使う事が多いようです。

数珠の持ち方

数珠を持つときは、両手を合わせ、人差し指と親指の間にかけます。焼香の前など、手に持つときは、左手で持ちます。

お悔やみの言葉

訃報の知らせを受け、通夜、葬儀の前に喪家のご自宅を訪れて、お悔やみを述べることを「弔問(ちょうもん)」といいます。ご遺族が、一番悲しみに沈んでいるときですから、ご遺族の気持ちを察し、励ましの言葉をかけて上げましょう。

●お悔やみ言葉の例
.「この度はご愁傷様(ごしゅうしょうさま)でございます。心よりお悔やみ申し上げます」
「この度は、ご愁傷様でございます。さぞお力落としの事でございましょう。謹んでお悔やみ申し上げます」
「この度は、誠にご愁傷様でございます。さぞお力落としの事でございましょう。ご看病のお疲れが一度に出る時ですから、どうかご自愛くださいませ」
「この度は、ご愁傷様でございます。急なことでお慰めの言葉もございません。心より、ご冥福をお祈り申し上げます」

合掌の仕方

合掌は仏様を尊び、供養する気持ちを表したものです。一説によれば、右手は仏さまを表し、左手は私たち凡夫を表すと言います。

手を合わせることによって、仏様の境地に、私たちが近づけるともいわれ、手を合わせる事によって心が落ち着き、精神が安定します。

合掌の仕方は、まず指と指の間を離さずつけて、手をピッタリと合わせます。そして、胸の位置で、胸にはつけないで少し前に構えます。指先を約45度の角度で傾け、肘は張らず脇も力を入れて締めず、肩の力を抜くように手を合わせます(厳密には、合掌にもいくつかの種類がありますが、この形が最も代表的なものでしょう)。
ページの先頭に戻ります